【動画あり】Macで書類を閉じる時、保存確認せずにそのまま閉じてほしい

書類を閉じる時 保存確認せずにそのまま閉じてほしい

Macのアプリの多くは、一度閉じた後でも、アプリを以前の状態に戻すことができます。
そして、保存操作をしなくても、自動的に保存されています。

そうなると煩わしいのは閉じるときに出てくる「保存」ダイアログです。

01 dialogue

別に再度同じ状況にしてくれるのであれば、いちいち「保存をするか」を聞いてこなくてもいい!と思うことも。
今回は、書類を閉じようとしても保存確認せずにそのまま閉じるようにする設定をご紹介します。

動画で見たい場合はこちら

では、実際に設定してみましょう。

02 system ippan

まずは、システム環境設定の一般を選びます。

次に、「書類を閉じる時に変更内容を保持するかどうかを確認」のチェックを外します。

03 Check hazusu

これで設定は完了。書類を編集した後閉じても、何も言わなくとも自動的に保存されるようになります。

04 version modosu

ちなみに、間違って編集してしまった場合は、「バージョンを戻す」機能を使えば、過去の状態に戻すことができます。

05 kako version

PagesやKeynoteなどの多くのApple純正アプリではこの機能が実装されています。

これらを頻繁に使う人は、この設定を検討してみましょう。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です