【動画あり】Keynoteだけで「会議室」を描こう!

Kyoudan00002

スライドだけだとつまらないから、プレゼンしてるみたいな雰囲気を出したい

昨日公開した動画「失敗するスライド作成の3つのテクニック」では、まるでプレゼンをしているかのように演出したかったので、会議室の絵を出して、そこで、さらにスライドをはめ込むという手法を使ってみました。

Keynoteで「会議室」を描けないだろうか

この会議室の絵ですが、実際にどのように作ればいいのか、いろいろ考えた結果、普段から使い慣れているKeynoteを使って描くことにしました。

今回はこの方法について簡単に収録し、動画にまとめてみました。

動画で見たい場合はこちら

実際にやってみた

まずは、Keynoteで新規書類を作成します。テンプレートはホワイトで。

Kyoudan00003

次に、背景を作っていきます。
グラデーションを使うと、光のあたる壁を演出できます。

次に床です。今回は青いカーペットを想定して作りますね。

床と壁のつなぎ目を線で表現します。少し太めにしておきます。 これで、会議室の壁は完成です。

Kyoudan00004

次に教壇を作ります。
これは、ただ四角をレイアウトし、コンタクトシャドウで床に映る影を表現するだけ。

最後に、スクリーンです。

Kyoudan00005

これは複数の四角を使って表現します。
細長いバーのような長方形を上下に2つ、スクリーンの裏地を表現する長方形を一つ。
最後に、実際に映写するスクリーンの表面用の長方形を1つ。
完成したら、一番下の長方形にコンタクトシャドウをつけます。

コンタクトシャドウをつけると、それだけで立体に見えるので便利です。

あとは、この3つを組み合わせるだけ。

まとめ

Kyoudan00001

どうでしょうか。意外とできそうじゃないですか?

実は人工物って、図形の複合体だったりしますので、こういった図形を組み合わせると意外と表現できるんですよね。
もし、自分で何か素材が欲しいと思ったら、自分で作る、というのも挑戦してみてください。

ちなみに、今回の制作の流れは動画でより詳しく確認できます。ぜひこちらもご覧ください。

動画で見る

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です