宇都宮にあるぎょうざ専門店「正嗣」の餃子が旨い話

20160919 masashi gyoza thumbnail

餃子というのは不思議な食べ物で、うまい餃子を食べていると妙にテンションが上がる。

なんというか、自分でも言っていてよくわからないが、テンションを食べているような感覚に陥ることもある。

今日紹介する「正嗣」の餃子も、まさにそれ自体がテンションを上げてくれる、魔法のような餃子だった。

Th ta 20160919 masashi gyoza photo00000

腹が減ったので早めに向かう

私が伺ったのは、「正嗣 氏家店」。その日、朝食をほとんど食べていなかったので早めに向かい、11時には到着。

だが、営業開始は11時30分だった。…オープンより30分早く到着してしまった。

仕方なく店前の軒下で待たせてもらうことに。

30分前でも、待つ人はちらほら。

開店30分前、灼熱の下で開店を待つ。郊外の店舗であるにもかかわらず、5〜6人は並んでいた。

宇都宮餃子を食べたことがなかった私は、それだけで妙な期待感を抱いていた。

メニューはたった二つ。焼餃子か、水餃子か。

入店して、メニューを見る。そこに書かれているのは2つしかない。

焼き餃子か、水餃子か。それだけだ。

店員さん曰く、昼時は混雑するので、注文は1回で済ませて欲しいとのこと。

ご飯もない。ビールもない。
じゃあ、餃子で腹を満たすしかない。

Th ta 20160919 masashi gyoza osusume photo00000

私はオススメ通り、餃子を2人前、水餃子を1人前頼んだ。

うまさが爆発的に広がる焼餃子

まずは焼き餃子。

Th ta 20160919 masashi gyoza photo00001

焼き加減は絶妙。具材もぎっしり。

具材のバランス。肉ばかりでも、野菜ばかりでもない。どちらもバランスよく詰まっている。

噛んだ瞬間。肉の旨みと野菜の甘みが、一瞬で口に広がっていく。

ああ、うまい。

漂うように旨みが広がる水餃子

次に、水餃子。

Th ta 20160919 masashi gyoza photo00002

この中に、直接餃子のタレとラー油を入れて食べるらしい。

そうすると、こうなる。

Th ta 20160919 masashi gyoza photo00003

モチモチの皮がしっかりと包まれていて、火は通っているが破れる様子はない。
これを、レンゲですくって、食べる。

水餃子のタレと、具材が口の中で混ざり合う。

焼き餃子と違い、味の広がり方が優しい。ふわっと口に広がっていく。

ああ、うまい。

焼餃子2人前、水餃子1人前。
合計3人前もあったのに、30分もしないうちに全て平らげてしまった。

焼餃子でテンションが上がり、水餃子で優しく落ち着かせる

焼餃子と水餃子。

同じ餃子をもとに作った料理なのに、その性格は正反対だ。

焼餃子ではグワッとテンションが上がる。
水餃子ではソフトに落ち着かせてくれる。

ああ、書いているうちにまた餃子が食べたくなってきた。

店舗情報

ぎょうざ専門店 正嗣より引用:

正嗣 氏家店

住所栃木県さくら市櫻野418-1
電話番号028-682-8587
営業時間11:30~19:00
※売切れ次第終了
定休日水曜日
月に2回火・水曜日連休あり
その他休みあり
駐車場40台
(裏に駐車場あり)
席数23席(カウンターのみ)

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です