「RSSリーダー」使うのをやめる前にRSS登録のダイエットを

三行まとめ

  • RSSリーダーをやめるよりRSSフィードの見直しを。
  • ニュースなどのフロー情報は代替メディアで。
  • 「興味深い情報を発信しているブログ」を中心に読む。

最近、RSSリーダーの利用者が減っているとか。Bloglinesがサービス終了らしい。

最近こんなニュースが飛び込んできましたね。
RSSリーダーサービス「Bloglines」が10月1日で終了 -INTERNET Watch

RSSリーダーサービスの先駆け的サービス「Bloglines」が今年の10月1日を持って終了ということで、ちょっとした時代の流れを感じるニュースですね。

そもそもなぜRSSリーダーのユーザーが減っているのか?追いつけないフィードの増殖で諦める人も多いのでは?

では、なぜRSSリーダーのユーザーが減っているのでしょうか?
個人的な見解ではありますが、RSSリーダーを使わなくなる一番の原因は「最新エントリが多すぎて読めなくなる」ことではないでしょうか。

今回は、そんなRSSリーダーを改めて捉え直すため、「RSSリーダーのダイエット」を検討してみましよう。

こんなRSSフィードは消そう登録したとたんに消化が困難になるフィード

最終的な目標は、一日10分程度で消化できる程度の分量。
まずRSSリーダーにストックされたエントリを消化できなくなる一番の原因は「大量の情報の洪水」にあると考えます。
ということで、更新頻度があまりに高いRSSフィードは一旦RSSリーダーのフィードから外してしまいましょう。

なお、参考のため僕が削除したRSSフィードの例を以下にあげておきます。

  • ニュースサイト
  • はてなブックマーク 人気エントリ・新着エントリ
  • 2chまとめ系ブログ

その他、一日に10件以上の更新があるフィードはまず検討の余地がありそうです。

ちなみにそれらのサイトはRSSリーダーの登録から外しましたが、一切チェックしないというわけではないです。

  • ニュースは直接ニュースサイトで確認できるときに最新のものを読む もしくは、Twitterで話題になっているものを読む
  • はてなブックマークも確認できるときに最新のものを読む
  • 2chまとめサイトは時間があるときに直接巡る

このように、フロー系の情報はチェックするツールを別に用意してやることで、「RSSリーダーで読む必要性」を下げるわけです。

快適RSSリーダー生活本当に気になるブログのフィードをRSSリーダーで

最後に残った、自分のお気に入りのブログの更新をRSSリーダーでゆっくり読みましょう。
おそらくチェックのハードルがかなり下がっていると思います。

RSS登録数を減らしてもう1週間以上立ちますが、RSSチェックの負荷はかなり軽減されました。

「チェックするのが大変になって」RSSリーダーを使うのを辞めたという方は、一度お試しあれ。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座