ライフハック系の本を読んでも仕事のスピードが上がらないときはどうするか?

Q:ライフハック系の本を読んでも仕事のスピードが上がらないときはどうするか?

A:1日ひとつづつ、自分の環境に合わせて試してみる。

ライフハック系の本って、仕事の効率化について1冊で色々と教えてくれるので、読んだらなんとなく「出来そう感」が湧いてくるものです。
でも、実際に仕事に活かそうとしてもなかなか生きてこない。

やっぱり自分にはできないのだろうか言い訳してしまう

実際にやってみても

  • すぐ忘れてしまう
  • 自分の環境に合わない
  • 準備に時間がかかりすぎる

などなど、いろいろな障壁が待ち構えています。
本に書いていることをそのまま鵜呑みにしても自分自身ではなかなか消化しきれません。

では、実際にはどうすればいいでしょう。

一日にひとつずつ、じっくり仕事術に向きあってみる1日ひとつの「なんとかゼミ」スタイルなら実行できる!?

一番遠回りで結果が出るのが遅いスタイルではありますが、やはり、その技術を活用するにはじっくり使ってみるしかありません。

1日ひとつ、自分が取り組もうと決めたものをじっくり試してみるのです。

試しているうちに、自分のスタイルと合わない部分も出てきますが、回数を重ねるうちにスムーズに進められるような自分なりの一工夫も見えてきます。

もちろん、相性もあります。
一日試してダメだったら、すっぱり諦めてもいいですし、やりたければまた次の日も挑戦してみればいい。
平日だけでも一年間260日。できない日があるとしても、一年間200個の仕事術と向き合えるわけです。

読んで、行動して、その結果を出してみる。
このサイクルが自分自身の向上につながるのではないか、と考えています。

おすすめ本まずはこの本で「読む」スピードアップを図る

読んで、行動して、結果を見てみる。
このサイクルのファーストステップである「読んで」の効率化を究極までアップさせたのがこの一冊。

ComicSpeedHacks0925_CH1.pdf(ページ 15/58)
仕事のスピードアップにつながるライフハックを、読みやすい「漫画」の形にすることで「読むスピード」をハックしてしまった一冊。
スピードハックスという本がなのですが、こちらはなかなかボリュームがあり、僕自身もなかなか着手できなかったので嬉しい1冊でした。
電子書籍なので、PCもしくはiPhone、iPadなどのデバイスがあるとより読みやすいです。オススメ。

もちろん原書もオススメ。

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
大橋 悦夫 佐々木 正悟
日本実業出版社
売り上げランキング: 9239

と、いうことで…あとがき

昨日に引き続き、iPhoneセミナーについて頭を悩ませています。
iPhoneを仕事の現場で生かしているハードユーザーと、最近iPhoneを購入したライトユーザーとの橋渡しができたら、というのが今回の目標なのですが、内容をどうすべきなのか、どう告知していくか、などなど、色々と頭を悩ませています。
今週中に形にしたいとは考えているのですが、さてさて。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座