Evernoteのタグをつけるノートはだいたい5〜10%ぐらい+タグ付けで便利なテクニック

twitter上のtobu1さんの発言がそもそものきっかけでした。

Twitter / @トブ: みんなEvernoteの初期入力でタグ使ってるんだろ …

そういえば、タグ付けって結構面倒なんですよね。
ただ、これも活用次第では便利な機能であることは間違いないです。

今回は自分のタグ付けについて。

自分が書くノートだったらどうするか。

Evernoteの使い方で行き詰まったら、よくイメージするのが「ノートでだったらどうするか」ということ。

ノートの使い方はそのままEvernoteの使い方に応用できることが多いです。

  • ノートのページ …Evernoteの「ノート」
  • ノートのインデックス付箋…Evernoteの「タグ」

として、ちょっと考えてみます。

すべてのノートにタグを付けるのは、すべてのノートにインデックス付箋を貼るのと同じぐらい面倒。

ついやってしまいがちなのですが、すべてのノートにタグをつけようとしてしまうとかなり面倒です。

全ページにインデックス付箋を貼るのはさすがに面倒ですよね。

ノートの場合、むやみに付箋が増えすぎると探しにくくなる

Evernoteはむやみにタグを付け過ぎると探しにくくなるんですよね。

あれ、あの記事はどのタグだったかな…とか。どのタグ使おうかな…とか。

重要なページにインデックスをつけていく

ノートだったら、まず重要なページにインデックス付箋をつけていきます。

絶対テストに出る!!とか、ここは重要!とか。
自分で「ここは大切じゃないかな」、と感じたページには付箋をつけます。

あとで見返したときにインデックスをつけていく

もう一つ、インデックス付箋をつけるタイミングがあります。
それは、ノートを見返したときです。

書いた時ではそこまで重要視していなかった部分も、見返してみると意外と大切な事を書いている…と思ったら、そこもチェックしておきます。

改めてタグをつけておくと、情報の再利用時に便利です。

タグ付けの便利なテクニック

僕がタグ付けで便利だと思ったテクニック。

シゴタノ! — Evernote のタグをさらに使い込む「疑似階層タグ」ハック

多くのタグを使う際に非常に便利です。

大分類・中分類タグも作っておけば、入力中もサジェストで途中まで入力されたりと、タグ入力が劇的に楽になります。
オススメ。

あとがき

タグ付けも、「絶対必要なものではない」と思えるようになると、気楽に考えられるようになります。

僕自身、タグ付けを意識しだしたのはつい1ヶ月ほど前ぐらいからでした。

それまでは、完全にノートブックだけ。タグ付けはしていても、ほとんど利用されていない状態。

無理に使おうとすると、逆に不自然な使い方になるのかもしれませんね。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座