WM3500Rの「ロングライフ充電」時のバッテリー残量の挙動がすごい件+不安定なWM3500Rを安定化させる設定

WM3500Rには、「ロングライフ充電」という機能が付いています。この、ロングライフ充電とは、バッテリーの充電を電池の70%程度にとどめておき、バッテリーのメモリー効果を軽減する機能らしいです。

メモリー効果 – Wikipedia

公式の機能解説ガイドにもちょっと説明があります。

充電池の寿命は、お客様のご利用環境により変わります。充電池を長持ちさせたい場合には、「ロングライフ充電」機能をご活用ください。クイック設定WebのECO設定で設定できます。
via: 充電池の取り扱い方

が、これを設定したときのバッテリー表示がすごい。

とりあえず使ってみる。

ロングライフ充電設定をしたまま、充電を完了します。

充電終わり時には
[■■■■■■□□□□](約60%)

まあ、ちょっと少ない気もしますが、まだ許容範囲かな。

ですが…

2時間程度利用後、何故かバッテリー残量が

[■■■■■■■□□□](約70%)

2時間も使っているのだから50%程度になっていてもおかしくないのに…

さらに2時間程度使っているとバッテリー残量は

[■■■■■□□□□□](約50%)

うーん、なんか凄いことになってますね。

とりあえず4時間使っても初期から比べると10%しか(!?)減っていません。

740cc0989fc5a603e45356d761d121ad

バッテリー残量をグラフにしたらこんな感じの曲線を描いていそうです。

まあ、問題なく使えているので今のところは不満はありませんが、ちょっと腑に落ちないというお話でした。

補足

WiFi通信の調子が良くない!ブツブツ切れる!という人はこちらを参考に。

こっそり低空飛行: Aterm WM3500R を安定させる(勝利編

無線LAN設定を調整すると直ることがあるようです。

こちらでは、送信出力を100%にして、無線優先制御機能をOFFにするように書かれています。

かくいう僕も設定変更して無線が安定したクチです。

参考までに現時点での無線設定をさらしておきます。

screenshot

僕の環境の場合、どうやら送信出力よりも無線優先制御機能(11n対応機能)をOFFにすることが安定化のポイントだったようです。

もし接続が不安定であれば、ぜひお試しください。

あとがき

謎のバッテリー回復減少!

もしや自家発電機能付きバッテリーか!

などと、いろんなボケ・つっこみを考えてしまうのは関西人としての性でしょうか。

本当にECOモードになっているか、という点は疑問が残りますが、現状は問題なく通信できています。

今までの流れからすると、WiMAXの端末は(キャンペーンの関係上)安い時期と高い時期があるので、1年縛り強制ではない今が買い時のような気がしています。

この端末自体は非常によくできたものだと思いますので、気になる方は安いうちに購入しておくほうがいいかもしれません。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座