気になるものは後回しにするか、後で見る仕組みを作っておくのか

これは後でやろう、これはあとで見よう、と思っていても、いつの間にかすっかり忘れている。
僕自身、そんなことをよくやってしまいます。
ちなみに、どんなシチュエーションかというと…

よく忘れがちなシチュエーション

こんなシチュエーションが多いです。

  • 自分宛のメールを見て、あとで返信しようと考える
  • Twitterで、面白そうなページを見つけ、後で読もうとメモしておく
  • 思いついたアイデアを膨らませる

その場ですぐしなくてもいいけれど、放っておくと後々で地味にマズイ作業が多いですね。

スルーしがちなのは何故?

そもそも何故スルーしてしまうのでしょうか。

  • 「あとで確認」のプライオリティが低い
  • そもそもあとで確認する仕組みがない
  • そもそも対応する時間がないのについ着手しようとしてしまう

「そもそも」が多いですね。準備が出来ていないのに作業を始める、というのが問題のようです。

仕組みを作るか、それとも…

では、実際にどうすればいいでしょうか。

  • あとで確認する仕組みを作る?
  • そもそも気になるタスクが発生しそうなものは、まとまった時間があるときに着手する?

メール確認などの「それ自体はすぐにできるが、その後のタスク発生があり得る」作業は、まとまった時間を作って作業したほうがよさそうです。

ですが、後々のことを考えると、やはり仕組みを作って、あとで確認する習慣を作ったほうがいいのかもしれません。
もう少し、色々と考えてみようと思います。

2011/01/10追記
R-Styleさんよりレスポンスエントリいただきました。ありがとうございます。
R-style » 「気になった事を後で見る仕組み作り」

それを踏まえた上で、自分に足りなかったことをまとめてみました。こちらです。
Daily Lifehack: 「したいと思う」事を、本当に「する」ために意識すべき「自分への引継ぎ作業」

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座