情報が増えた今だからわかる、情報だけでは学べない理由

情報化社会と言われ、情報が氾濫する社会になりました。

その反面、情報が先行し、どの情報を選べばいいのか、判断の難しい社会にもなってきました。

情報を得ることで、「自分の知識」と錯覚してしまう

最近は、いろんな情報がすぐに手に入るので、すぐに自分の知識になったように錯覚してしまいます。
ですが、それでほんとうに自分の知識になったと言えるのでしょうか。

知識とは

そもそも、知識とは一体なんでしょうか。

以下、国語辞典より引用します。

知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい―を得る」「―をひけらかす」「予備―」
「幸福とは何かと云う事を明細に―して了っている」〈長与・竹沢先生と云ふ人〉
考える働き。知恵。「―が発達する」

via: ちしき【知識/智識】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

注目すべきは「認識」「理解」「知恵」

考えてみると、どれも「情報」だけでは得られないものばかり。

情報があり、それを理解することで初めて自分の知識になる
もちろん、情報がないと何から手をつけるべきなのかわからない、手探り状態になってしまいます。

情報は、そのことを理解するきっかけになってくれるでしょう。
ですが、そこから行動し、その情報を理解しないと知恵にはなりません。

情報を得ただけでは知識としては不完全な状態です。
その情報を知るよう務め、行動に活かし、本質を理解したときにはじめて知識となる。

情報を、自分の知識にできるよう日々試行錯誤していきたいと思います。

あとがき

結局言いたいのは、「まず経験してみよう」、ということです。

なにか情報を得た時点で「知った」ふうにならない。
情報は実際に活かして、初めてそのディテールを知ることになる。

実体験を通して、自分の本当の知識にしよう、と。

情報を得ただけで「知ったような気になる自分」に対する自省エントリでした。

ワークアウト記録

自転車通勤+徒歩移動20分ぐらいですね…
最近は土日以外はしっかり運動できてない。うむー。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座