MediaMarkerの「Evernote連携」が想像以上にすごい

本を買いすぎると、どの本を読んでどの本を読んでいないか、今未読の本が何冊あるのか等がわからなくなってきますよね。

そんな時、読書管理サービスを利用すれば、簡単に自分の読書管理ができるようになるのです。

今回ご紹介するのは、「MediaMarker」。
かなり通好みの機能が揃ったメディア管理サービスです。

メディアマーカー

まずは簡単にMediaMarkerについてご紹介します。

MediaMarkerサービス早わかり

*オンラインサービス
* AmazonのページからMyバインダー(自分のリストのこと)に登録ができる
* iPhoneからバーコードスキャンでMyバインダー登録ができる
* 本棚管理ではなく、メディア管理サービスなのでCDも登録できる。DVDも。
* 媒体メディアにとどまらず、ブログも登録できる(!)。
* iPhoneアプリも登録できる(!!)。
* 最近の機能強化で、Evernote、Twitterとも連携可能に。

特徴的な点はざっとこんなモノでしょうか。

Evernote連携で、読書のモチベーションを上げられるか

ここで、特に興味深いのが、「Evernote連携」機能。

MediaMarkerに登録すると、Evernoteに書籍情報ノートを自動作成してくれる、とでも言えばいいでしょうか。

この機能を使ってみて、とりあえず僕が思いついた運用は以下のとおり。

  • 購入登録したと同時にEvernoteにノートが作成される。
  • 読書中、もしくは読書後に、その本の中で気になった部分をノートにメモ。
  • 後はそのままEvernoteにアーカイブしておき、気になったときにまた読みなおす。

テンプレートで用意してくれるので、詳細情報を自分で調べなくてもいい。

一番大きいと思ったのが「テンプレート」通りに情報を集めてそれをノートにしてくれること。

後は、そのノートをどんどん更新していけば本の情報をEvernoteで管理できるわけですよね。

実際に作られたノートはこんな感じです。

@Inbox - 264 個のノート

表紙画像も取り込まれています。

僕は過去のノートを見返す際、サムネイル表示で流しながら見返していくのですが、そんな時でもパッとわかりやすいのも大きいです。

僕にとってはかなりメリットの大きいMediaMarkerのEvernote連携。これからは書籍購入後の登録が習慣になりそうです。

告知

ライフハックカフェ大阪梅田 vol.3 を2月13日 午前11時より開催します!
今回のテーマは「あなたのON/OFFスイッチ」
あなたは普段どんな時にON/OFFを意識しているでしょうか。 そして、ON/OFFを切り替えるときにあなたが工夫している事はありますか?
僕自身、ON/OFFのスイッチは、習慣につながったり、気分転換につながったり、いろんなところに存在しているのでは、と考えています。
そんな「ON/OFF」のスイッチを参加者でシェアし、新しいスイッチづくりのヒントになればいい、というのが今回の目的です。
参加を希望される方はこちらから。
2月13日 ライフハックカフェ in 大阪梅田(大阪府)カフェでの開催のため、人数制限を設けております。
気になる方はお早めにどうぞ。

あとがき

4月にマラソン大会に出ることが決定しました。マラソンとは言っても、10kmなのでそこまでハードな目標ではないのですが、それでも初めての大会なのでちょっと緊張しています。

大会のためわざわざランニングシューズも購入し、準備だけは万端です。
あとは、途中でバテないように、心肺能力の強化に重点を置いていこうと思います。

運動記録

3kmのインターバルトレーニングを行いました。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座