道具を持ったときのワクワク感はどこからくるのか

最近めっきりWindowsから離れている。

Macをがっつり使い出してから早半年を過ぎ、もう操作にも慣れてきてMacならではの良さもじわじわと感じつつある。

Macにどっぷりハマったあとで感じるのは、WindowsにはないMacの「ワクワク感」。
Macのデザインには「あそび」がある。基本UIが、いろんな動きが滑らかだったり、アプリケーションもちょっとしたエンターテイメントパッケージが同梱されていたり。

そういえばWindowsにはそういったソフトウエアなかったなぁ。

いや、「いらない」と言われたらそれまでなんだけど。なんだろう。
MacにはiPhotoやGarageBandが同梱されていて、ああ、仕事に使うコンピューターじゃない、これはクリエイティブな道具なんだ、と思わせてくれるんだよな。

そういう「あそび」が、Macの良さなのかもしれない。
むしろ、この「あそび」こそが、僕がMacを使う一番の原動力かもしれない。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座