ブログエントリを15分で書くための覚書

今日はネタが無い、かつ時間もないので15分で書くことについて15分で書いてみようと思う。

15分で書くために

  • 端的に書く必要がある。
  • ネタを事前に用意しておく必要がある。
  • ツールを活用

端的に書く

内容を伝え、かつ短時間で書くためにはだらだら書かない。
必要最低限の内容を端的に。

ネタを事前に

ネタが無いとどうしてもそれだけで時間がかかる。
常にネタを用意しておく。
ネタが無いとき用のトリガーシート、なんてのも作っておくと面白いかも。
今度書いてみる。

ツールを活用

エディタ、ブログ等、表現するためのツールを色々と模索してみる。
もしかするとブログよりもPosterousのほうがいいかもしれない。
文字装飾もHTMLタグより簡単なものがあるかもしれない。
ツール選びで時間を惜しまない。もちろん目的を見失わずに。

僕が15分で書くためのステップ

  • (普段から)ネタ探し←時間に含まず
  • 下書き
  • 文章の流れの見直し
  • 誤字脱字の見直し
  • 文字装飾(僕はMarkdown活用)
  • Markdown変換
  • Blog投稿

あとがき

もう思い切って、Blogger(このブログ)からPosterousに移行しようかな…とさえ思えてきました。
PosterousならMarkdown記法のままメール投稿できるんだよな。
目的にあったツール選びは大切。
ちなみに今回は投稿まで25分かかった。
まだまだ時間短縮の余地あり、か…。

運動記録

ランニング通勤!

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座