絶妙な筆記感を生み出す、WACOM待望のiPad向けスタイラス「BAMBOO STYLUS」を購入。

ついに発売しました。
BAMBOO STYLUSが。
今日、偶然通りがかった梅田ヨドバシで発見しました。
写真 2011 05 26 17 45 42
あれ、明日発売だったんじゃ…と思いつつも、ずっと待っていたガジェットなので早速購入。
で、使ってみました。 早速、ファーストインプレッション+フォトレポートをまとめてみようと思います。

BAMBOO STYLUSは「持ちやすさ」「書きやすさ」「利便性」すべてを兼ね揃えたスタイラスペンだ

なにより感動したのは、その書きやすさ。 おそらく保護フィルムなしのiPadに最適化されているのですが、スルスルと書けちゃいます
先端はシリコン製で、スマートペンに近い書き心地。
次に驚いたのは、その持ちやすさ。
持ちやすさというより、その重量感というところでしょうか。
18グラムという重さは、ペンとして重すぎず軽すぎず。
ペンとして持ってても違和感のない、そしてちょっと高級感のあるさわり心地が「書きたい欲」を掻き立たせます
最後になりますが、その利便性。
意外と重要なのが、クリップの有無。ですが、BAMBOO STYLUSは、実はクリップを取り外すことができるらしいのです!
(キャップが硬かったのでまだ試せていません。)
もう一点。BAMBOO STYLUSは、ペン先も交換できるようになっています。 ペン先部が意外とデリケートな構造になっているBAMBOO STYLUS。 本体は安くないので、先端が交換できるのはありがたいですね。
ちなみに、BAMBOO STYLUSの先端はこんな構造になってそうです。
写真 2011 05 26 20 43 34
シリコンの先端は、中は空洞みたいです。 なので、先端のタッチ感は他のスタイラスと異なり、ひと味違う書き心地を作り出しているんですね。

ただ、描きやすさは微妙らしい

ただ、イラストを描くうちの奥さんに触ってもらったところ、線描き用のスタイラスとしての書きやすさは微妙だそうです。
ペン先の構造上、先端がブレがちになってしまうみたいで、線がガタガタになっていました。
イラストの線描きに使うのであれば、一度試し書きしたほうが良さそうです。

文字を書くペンとしては個人的にはNo.1かも。

まとめると、文字を書くペンとしては個人的にはNo.1の書き心地でした。
今まで使ってみたペンと比べても一番自然に文字が書ける印象です。
ただ、コストパフォーマンスを考えると若干疑問が残ります。
特に、イラストを書くために買おうか検討している方。 一度使ってみて、気に入ったら購入、のほうがいいかもしれませんね。

フォトレポート

パッケージ表。WACOMらしいオシャレさ。
写真 2011 05 26 19 30 50
パッケージ裏。スタイラスは目前です。
写真 2011 05 26 19 31 14
開けてみました。BAMBOOのロゴが光っています。
写真 2011 05 26 19 32 39
パッケージの中身。ペンと、取扱説明書が入っていました。
写真 2011 05 26 19 33 10
ついにその全貌があきらかに。
写真 2011 05 26 19 39 25
やっぱりロゴおしゃれ。
写真 2011 05 26 19 39 33
先端は丸くなっています。
写真 2011 05 26 19 39 42
iPadと並べてみました。
写真 2011 05 26 19 40 11
UPadで書いた、BAMBOO STYLUSのスナップ落書き。
書くのがとにかく滑らかで楽しい!
写真 2011 05 26 20 59 12
第一候補にしてもいいスタイラスだと思います。
スタイラスの購入に迷っているなら、是非ご検討を。

あと、メモ書き用アプリはこちらもおすすめです。

UPAD 1.70(¥600)

iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要
UPAD 1.70
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600 App
更新: 2011/04/22


iPadiPad

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座