購入直後に設定したい!MacのことえりをWindows風の操作感にするための設定方法

ことえり

Macで詰まるポイントの一つに、IMEの使いづらさが挙げられます。
Google IMEを導入する、もしくはATOKを導入すると、ある程度は解消するとはいえ、あまりお金や手間をかけられないという人も多いかもしれません。
僕は先日までatok使っていたのですが、ちょうど体験期間が終了したんですよね。 で、どうしようかと考えていた所で、ふと「ことえりをつかってみようか」と考えたことが発端です。
設定さえしてしまえば、割と抵抗なく使えるようになりましたので簡単にご紹介。
ちなみに、画面はLionのものです。

設定は2項目+おまけ

何はともあれ、ことえりの環境設定を表示させましょう。
Fullscreen
上図の「環境設定を表示」をクリックすると、ことえり環境設定が表示されます。
設定するのは2つの項目。

  • 「Windows風のキー操作」にする
  • /キーで・(中黒)を入力する
  • (おまけ)漢字変換時、すぐにウインドウを表示させる

それぞれ見ていきましょう。

「Windows風のキー操作」にする

ことえり環境設定の「入力操作」タブを表示させましょう。
ことえり環境設定
この中にある「Windows風のキー操作」にチェックを入れます。
これで、変換中のキー操作がMS IME風になります。
ファンクションキーでの文字変換なども利用できるように。

/キーで・(中黒)を入力する

次に、ことえり環境設定の「入力文字」タブを表示させましょう。
ことえり環境設定
「/キーで入力する文字」は「・(中黒)」にします。
ことえりはさんてんりーだが打ちにくい…と思っていた方も、コレで簡単に打てるようになります。

(おまけ)漢字変換時、すぐにウインドウを表示させる

コレは完全に好みの話ですが、変換候補表示をすぐに表示させることも可能です。
ことえり環境設定
で、すぐ表示に設定した後で気づいたのですが、MS IMEと一緒にするのであれば、ここは「1回目」にしておけばOKです。

設定次第でことえりも便利に使える

設定次第で、ことえりもMS IME風に使えることがわかりました。
Google IMEも悪くはないのですが、たまにとんでもない誤変換(というかとんでもない日本語?)を変換してくるのに頭を悩ませていたんですよね。

Atokと比べると、使い勝手や変換精度に関してはちょっと及ばないかなと思いつつも、慣れると問題なく使えそうです。

ことえり

あと、変換候補がヒラギノなので、変換するのがちょっと楽しいです。そこは大きなメリットかも。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座