「この人から教わりたい」と思える人はいるか

何をやるとしても、やはりある程度までの成長のためにはモデルケースを知っておくことをお薦めします。僕の場合は人に伝えることでしたが、これに関しては過去に様々な勉強会やセミナーなどで魅力的な会に参加したお陰で、多くのモデルケースを知ることが出来たのは大きなポイントでした。モデルケースを知っていないと、「良い授業をしよう」と思ってもそれがイメージできません。
イメージを持てないと、自分でもがきながらそれをいちから作ることになってしまいます。もちろん、それが出来る人も世の中にはいるのだと思います。
ですが、自分にはそれが出来ない。そんなとき、自分が理想とする授業を作るときにヒントになってくれたのが、「この人から教わりたい」と思わせるような話を聞かせてくれた多くの人たちだったのです。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座