iPadをつかって、本気で文章入力するなら「Incase Origami Workstation」を使わない手はない。

1000003588

前々から欲しいと思っていたのがこちら。

「Origami Workstation」です。

Apple Wireless Keyboard用のカバーケースなんですが、これがただのカバーケースじゃない。

iPadのスタンドになっちゃうんです。

ということで、今回はOrigami Workstationのファーストインプレッションです。

写真で見るOrigami Workstation

では、早速みていきましょう。

1000003589

こんなケースに入ってました。

さすがApple製品の周辺パーツなだけあって、デザインはシンプルでおしゃれな感じです。

1000003590

本体です。折り目がついています。

1000003591

本体裏です。ベルクロがついていますね。
このベルクロを使って、スタンドを立てる仕組みになっています。

1000003592

本体を開けてみると、なにやら固定具が。

ここにApple Wireless Keyboardをセットすると、ピッタリはまるんですね。

1000003593

で、実際にセットして横から撮影してみました。
Wireless Keyboardがスマートに収納されています。
もちろん電源ボタンもカバー。

Wireless Keyboardにありがちだった「ついうっかり電源が入っちゃった!」なんて事もこれでなくなりそうです。

実際に使ってみた

ひとしきり見て堪能したところで、今度は実際につかってみます。

1000003594

iPad立て置きしてみました。

実は前からずっと立て置きしたいと思っていたのですが、使いやすい縦置きスタンドって今までなかったんですよね…。

これからは、心おきなくiPadを縦置きできそうです!

1000003595

もちろんiPadを横置きすることも可能です。

どちらでも使えるので、気分によって、利便性によって使い分けられるのもポイント。

Dockコネクターで固定しないのもポイント高し。

iPhoneでも使ってみた

1000003596

これだけではつまらないので、試しにiPhoneを置いてみました。

さすがに小さすぎる気はしますが、これでも使えそうです。

MacBook Airでも使ってみた!?

突然ふと思い立ち、MacBook Airでも使えるかどうか試してみました。

1000003597

ふつうに立てようとしても画面が前傾になってしまうので、一つだけハックしました。

それは…こちら。

1000003598

このベルクロです。

ベルクロを使って、ディスプレイスタンドの傾斜を緩くしたのでした。

これでも、使えなくはなさそうです。
ちょうどディスプレイも目の高さぐらいにきますし、ノートPCの利用は目や肩に負担がかかるんだ、という人はこういう使い方もありかも?

(あくまでも想定外の利用方法です。個々の責任の元試してみてください。)

重さを量ってみた

今回は、MacBook Airの替わりになるかがキーでした。

移動時に、MacBookAirの替わりにする以上は「重さ」も重要なポイントとなります。

改めてiPadやキーボード、MacBookAirの重さを量ってみることにしました。

iPad+スマートカバーの重さ

まずはじめに「iPad+スマートカバー」の重さを量ってみます。

1000003599

743g。
実はスマートカバーが150gほどあるんですよね。カバーなしでも持ち運び可能であればすこし重さは減りますが…

次に調べたのが「キーボード」と「ケース」の重さです。

1000003600

これが577g。意外と重いですね…。

実は、WirelessKeyboardが一世代前のもの(電池3本必須のもの)というのもあり、若干重くなっているのかもしれません。

で、上のセットと下のセット、合わせた重さが1,320g。

…なかなかの重さになってしまいましたね…。

対するMacBook Air13インチの重さは?

気を取り直して、対するMacBook Air 13インチの重さはどうでしょうか。

1000003601

1329g…9グラムの差でした…。

重さ的なアドバンテージは完全に無いですね。
MacBook Air 11インチなら完敗だったところです。

結局メリットは?

ですが、iPad+Wireless Keyboardにもメリットはあります。

  • バッテリーの持ち
  • キーボードとディスプレイの分離
  • シングルタスク

それぞれ説明します。

バッテリーの持ち

バッテリーはこれはもうAirよりもずっと持ちます。
下手したら2倍ぐらい違ってきます。

Airは作業によってバッテリー消費が異なってくるのですが、iPadは8時間は持ってくれます。
(Macbook Airは普通につかって5時間、下手したら4時間で切れる時も。)

iPadであれば、一日はバッテリーの心配は不要そうですね。

キーボードとディスプレイの分離

Macbook Airには無い点として、キーボードとディスプレイが分離している点も挙げられます。

ブラウジングする際に、わざわざ全てを出す必要はないわけです。
そっと本体だけ取り出して、見終わったらさっと収納。

旅行にいくときでも、本体は小さなバッグに、キーボードはキャリアーにいれておく、というのもいいですね。

機動性の高さはなかなかです。

シングルタスク

「僕にとって一番重要なポイントはここだ!」と思えるぐらい「シングルタスク」であることは大切な事です。

普通の人であれば「シングルタスクは不便すぎる!嫌だ!」となるのでしょうが、僕は一度横道それるとなかなか帰ってこれないタチなので、シングルタスクiPadのほうが集中できます。

ブラウジングする時はブラウザを立ち上げて。
写真を加工する時は加工アプリを立ち上げて。
文章を入力する時はキーボードを用意し、DraftPadを立ち上げて。

今すべきことからぶれにくい「シングルタスク」という特性は僕にとっては大きなメリットなのでした。

ということで…

そんな素敵なiPad、文書入力端末としてより活用したいのであれば、このOrigami WorkstationとApple Wireless Keyboardをオススメしたいです。

Apple Wireless KeyboardであればiPadでもJIS配列で利用できます。
「わざわざ英語キーの配列を覚えなくても、Macと同じ感覚で入力できる」のがまた嬉しい。

iPadで本格的に文章を入力したいのであれば、これは検討の余地ありですよ。

Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard, iPad and iPad 2 – Apple Store (Japan)
Incase Origami WorkstationはApple Storeで販売しています。

Apple Wireless Keyboard (JIS) – Apple Store (Japan)
Incase Origami Workstationと一緒に買えば送料無料。オススメです。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座