iPhone4Sにストラップを付ける最適解 「Poddities NETSUKE」で落下しにくいiPhone4Sを

iPhone4S、スピードは速いしカメラもきれい。デバイス自体は文句の付け所がない出来だったのですが、一点不安なことが。
それは「落下したらどうなるか」ということ。
iPhone4Sは前面背面ともにガラス張りということで、落下時はあっけなく壊れるという話は聞いておりました。
The クラッシュ!(アップル iPhone 4S) – ケータイ Watch
落とすとこうなる、という事例。もう4Sでの破損例が投稿されていたのですね。

本体にはストラップが付けられないですし、手に持っているだけで落としそうだ…とひやひやしていたのですが、先日ようやく到着いたしました。
それが、こちら。
IMG_0215
「Poddities NETSUKE」。
ちなみに、「ポディティーズ ネツケ」と読むらしいです。
実を言うと、3GSを使っている頃からPodditiesユーザーでした。
IMG_0217
3GSの頃は、通常のPodditiesを買い、ベルトを外してストラップを付けておりました。
ですが、「NETSUKE」は元からストラップを付けるために作られているので、そんなことをしなくてもOK。
1000003916
購入時に着いてくる手紙と、自分のiPhone4S。
わざわざ手紙を付けてくれるなんて粋なものです。

実際に装着してみた。

工具もついてくるので用意するものはiPhone4もしくはiPhone4Sのみ。
1000003917
装着してみました。
ちょうどDockコネクタの横のねじを外して、パーツを付ける形になります。
1000003918
で、ストラップも付けてみました。
僕が付けているストラップは、VAN-NUYSというブランドのフィンガーストラップです。

このフィンガーストラップ、帆布で作られているので、軽いし付け心地が柔らかいのです。
こちらもオススメです。
これで、落下の心配は半減されますね。

※なお、このパーツ取り付けはiPhoneの改造行為にあたります。くれぐれも自己責任でお願いします。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座