【日記】今年も一年おつかれさまでした。来年はどんな一年になるでしょうか。

0164
皆様、新年は如何様にお過ごしの予定でしょうか?
僕は、なかなかに切羽詰まった状態になっております。
というのも、契約の仕事がなくなった宙ぶらりん状態だからです。
でも、これはもしかすると良いきっかけになるのかもしれません。
ここから、新しい働き方を模索していくきっかけに。
0166
改めて考えると、今年はいろんなことが起こった激動の年でした。
まず職場を変えて初めての新年。
しかし、何をやっても空回り。迷惑をかけるばかりの日々であまりいい印象はありませんでした。
もちろん、精神的にもいろいろとキツかったんだなと今となっては感じております。
0015
その後、退職。無職としての毎日。
今考えると、こんな経験はなかなかできないことだったなと思います。
運良く見つけたPCインストラクターとしての仕事。
毎日が新しいことだらけ。いろんな人と出会い、いろんな経験をさせていただきました。
この経験を通じて、僕自身から湧き出るある思いに気付きました。
0268
それが、「不条理な思いをしながら教えられる人を救いたい」ということ。
僕自身、過去にはいろんな人のもとで仕事をしてきました。
そんな中で、ある上司のもとで働いているときが、人生で一番辛かった時期だったのです。
「なんでそんな間違いするの」「物わかりが悪い」「もっと集中しろ」と、頭ごなしに言われ続けてきました。
部下から質問を来させないようにするとっておきの方法 | 想造ノート

「ああ、自分が悪いんだ」「この仕事向いてないんじゃないか」そんな思いがよぎっても「いやいや、ここを我慢しないと自分はやっていけない」「もっと辛いことはたくさんあるんだ」と自分を押し殺して仕事をしていました。
約半年間。その頃は、今思い出しても辛い時期でした。
もう思い出したくない、と思えるぐらい、僕に撮っては辛い時期だったのです。
0170
ですが、人に教えているとふとそのことを思い出すんです。
「ああ、自分はあんな風に言われて、ぜんぜんうまくいかなかった。でも、自分が教えるときは、ああいう教え方はしたくない。」
じゃあ、どうすればいいのか。
僕なりに考えました。
そして、出た結論は、「わかりやすい教え方を考えよう。面白い授業を作っていこう。」ということ。
0031
いろんな本を読み、伝え方について、考え方について自分なりに学んでいきました。
特に、この2冊。

パソコン・インストラクター完全マニュアル―コンピュータを教えるすべての人に
ポール クロチーア
海文堂出版
売り上げランキング: 266915
ガー・レイノルズ シンプルプレゼン
ガー・レイノルズ
日経BP社
売り上げランキング: 2970

この2冊は、今の僕の中核を作っていると言っても過言ではありません。
まだまだ勉強中の身ではありますが、それでも少しずつ前に進んだんじゃないかと感じています。
そして、今、2012年を迎えようとしています。
2011年が終わりを迎えようとしている今、いったんここでエントリして、来年初のエントリにつなげてみたいと思います。
それでは、皆さんよいお年を。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座