何かを教える人のためのバイブルとなる1冊 | デイリーもった ver.1.04

凄い1冊を見つけてしまった。
こちら。
IMG 2426
誰かに何かを教えるためのヒントが満載のこの本。
PCインストラクターとして働く上での智恵もふんだんに詰まっている。

プロ研修講師の教える技術
寺沢 俊哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 28416

今日はこの本の中を読みながら、確信を得たことを一つまとめておく。
誰かに物事を教えるとき、何を考えながら教えるだろうか。
「教えてやってるんだから覚えてくれよ…」
「なんでこんなことがわかんないんだ…」
そんな風に思ってしまうこと、ないだろうか。
しかし、逆の立場になったときはどうだろう。
「教えてやってるんだから覚えてくれよ…」
「なんでこんなことがわかんないんだ…」
こんな風に思っている人から教わりたいだろうか。
僕は絶対に嫌だ。
教わる人も同じように考える。
じゃあどう考えながら教えるのがベストなのか。
「教えている」と考えるのをやめて、「ともに考えよう」とすることだ。
教わる側の人間もプライドはある。押し付けられているように感じられると、学ぶ意欲なんて湧くワケがない。
しかし、ともに考えてくれようとしていたら、悪くはないように思う。
「一緒に考えてくれるのであれば、まあ自分も考えてみようか。」 そんな風に考える。
「教える授業」はやめて、「伝える授業」を目指すことにした。 | 想造ノート
半年前にまとめた上記エントリ。
今でも、僕はPCインストラクターをするときに、「教えよう」とは考えていない。
かわりに、伝わるようにするには何が出来るのかを常に考えて行動している。
伝わったかどうかはわからないが、それでも最近はその効果を実感できるようになってきた所だ。

プロ研修講師の教える技術
寺沢 俊哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 28416

今日のツイート

ケーブルがあるから、という理由だけでずっとVGAケーブルを使っていたが、最近画面にモヤモヤが表示されだしていた。
もしかしてディスプレイが壊れた…?なんて思っていたが、ケーブルを変えたら非常にきれいに表示されるようになったという話。
デジタル対応ディスプレイはやっぱりデジタルで接続した方が安定するのか。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座