iMessageで送信したメッセージが届かないとき、即座にSMSに切り替えて送信する方法

IMG 2807  バージョン 2
最近モバイルWi-Fi運用のiPhoneユーザー(主にソフトバンクユーザー)が非常に増えている。
うちの夫婦もその一人(二人?)なのだが、たま〜に困るのがiMessageのやり取り。
iMessageはネットワーク通信を介したメッセージングサービスなので、自分と相手、ともにWi-Fiあるいはモバイルデータ通信が使えないと送信できないのだ。
常時Wi-Fiネットワークが使える環境であれば良いのだが、そうではないこともしばしばあった。
そこで活きてくるのが「SMS」だ。

SMSはモバイルデータ通信オフでも、圏内であれば送受信可能

Skitched 20120309 131244
SMSは、モバイルデータ通信がオフになっていても、3Gがオンであれば送信/受信ができる。
モバイルデータ通信オフのユーザーであっても、ソフトバンクの圏内であればSMSの送受信が可能なのだ。
iMessageは、SMSアプリの新バージョンとして作られている。
その関係上、優先的にiMessageで送ろうとする。iMessageで何度トライしても送信できない場合にのみ、SMSで送られるようになった。
しかし、先も言ったように夫婦でモバイルWi-Fi運用している僕ら(特に妻はWiMAX運用なのでちょくちょくデータ通信圏外になっていた)は、「すぐSMSで送りたい」と思う事も多々あった。
そんなときは、わざわざiMessagesをオフにして、再度送信する、という手間な手順を踏まなければならなかった。
だが、そんな手間な送信方法とももうおさらばだ。
iMessagesで届かないメッセージを即SMSで送る方法を見つけたからだ。

その肝心の操作方法とは

Skitched 20120314 221451
前フリは長かったが、操作は簡単。
iMessagesで送った(けれど配信されていない)メッセージを長押しするだけだ。
あとは、メニューに出てくる「SMS/MMSで送信」をタップする。
これだけで、iMessageとして送信したメッセージを、SMSとして送信し直してくれる。
ちょっとイレギュラーなケースではあるが、iMessageですぐに届いてくれないメッセージを「SMSを使ってでもすぐに届けたい」と思ったときに役に立ってくれるはずだ。

One More Thing:iMessage送信とSMS送信は色で見分けられる

ちなみに、送信するメッセージの色は、iMessageが「青」でSMS/MMSは「緑」となっている。
Skitched 20120314 222413
参考までに。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座