単独で画面の録画に対応 / MacにiPhoneの画面を表示するReflection.appがVer.1.2に

Reflection
Wi-Fi経由でMacにiPhone/iPadの画面を表示させる「Reflection.app」がver.1.2に更新されていた。
マイナーバージョンアップだったにもかかわらず、とてつもない機能が追加されていたのだ。
それは、「スクリーンキャスト」機能。
Reflection.app自体が画面録画に対応したのだ。

IPad 1
メニューバーより「Device>Start Recording」を選ぶだけ。
もしくは、Command+Rでも録画開始できる。
今までは、Reflection.appとQuicktimeを併用しないと録画できなかった。
今回のバージョンアップで、Reflection.appのみで撮れるようになった。
スクリーンキャストを撮る事がより手軽になったのだ。


Reflection.appで、プレゼンテーションが、iPhoneアプリの紹介がより簡単になりそうだ。

One More Thing : まだ不安定な部分も

スクリーンキャスト録画時には注意しないといけない部分もある。
保存時にファイル名を日本語で入力すると保存できないのだ。
Export Reflection Recording
先にアルファベットでファイルを保存し、その後、Finderでファイル名を変更しよう。

過去のReflection.app関連エントリ

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座