自分のMacに用意したフォントを、削除せずに整理する「FontBook」の使い方

Skitched 20120517 093852
自分でデザインなんかをやろうとすると、ついつい欲張ってインストールしすぎちゃう「フリーフォント」。
多すぎると作業時に使いにくくなるし、そろそろ削除しようかな…と思ってFontBookを起動して色々触っていたら、「使用停止」機能なるものを見つけました。
メニュー
Macの場合、別に削除しなくても「使用停止」にするだけでいいんですね。

フォントブックで該当のフォントを選択しコンテキストメニューを表示させる

実際に使用停止にするには、以下の手順でやると楽です。
NewImage

  1. コレクション内の「ユーザ」を選ぶ→フォントリストには自分がインストールしたフォントのみに
  2. 使用停止したいフォントを選択(複数選択も可能)し、コンテキストメニューを表示(右クリックもしくはControl+クリック)
  3. 「(フォント名)使用停止」を選ぶ → 使用できなくなる。

削除ではなく、使用停止

ポイントは、使用停止は削除ではない、ということですね。
フォントを完全に消してしまう訳ではなく、一時的に使用停止にしておく。
必要になればこれをまた「使用」するように切り替えておけばいいわけです。
メニュー 2
これさえ知っておけば、作業中にあふれんばかりのフォントに迷う事もなくなりそうですね。
これからは、躊躇なくフォントをインストールできそうです。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座