Macをはじめて触るときに知っておきたい「ショートカット」の知識

僕がMacをさわりはじめてようやく2年が経ちました。
今となっては、仕事に必須の道具になっているのですが、Windowsから切り替えたときは本当に戸惑った事を今でも覚えています。
そんな経験からエントリしたのが、一年前のこちらのエントリです。
NewImage Macを初めて触るときに知っておきたかったこと | 想造ノート

さて、僕自身が普段使いとしているMacですが、作業中に頻繁に使う事になるのが「キーボードショートカット」です。
本来であればメニューバーからアクセスしないと使えない機能が、キーのコンビネーションで使えるというもの。
今回は、Macで使える基本的なキーボードショートカットについてご紹介したいと思います。

超基本のショートカット | Command+C Command+V Command+Z

Macsc 001
文書作成や、画像編集、そしてファイル操作に頻繁に使うのがこれらのショートカット。
Command+CとCommand+Vです。 これらはそれぞれ、「コピー」と「貼付け」操作のショートカットキーになります。
もう一つ、頻繁に使うのが「元に戻す」。 一歩前の操作を取りやめ、元の状態に戻す操作です。
このショートカットが、Command + Z。
この3つ、ITに精通している人は当たり前に使っているのですが、IT業界を離れると知らないという人も少なくないようです。
※ちなみに、Command+X で、「切り取り」も使えます。文書作成時や画像編集時等にはこちらも便利ですよね。

  • Command + V : 貼付け
  • Command + C : コピー
  • Command + X : 切り取り
  • Command + Z : 元に戻す

一歩進んだショートカット | Command+W Command+Q

Macsc 002
次にご紹介するのが、ウインドウを閉じるショートカット。
ウインドウを閉じたり、プログラムそのものを閉じたりするのに使います。
Command+Wが「ウインドウを閉じる」、Command+Qが「プログラムを閉じる」。
「ウインドウを閉じる」は、画面上に見えないだけで背後にプログラムが動いている状態になります。
プログラム自体を閉じてしまいたい時は、Command+Qを使いましょう。

  • Command + W : ウインドウを閉じる
  • Command + Q : プログラムを閉じる

プログラムの起動、ファイルを開くときに | Control + Space

Macsc 003
僕がここ1年で頻繁に使うようになった機能。それは、Spotlightです。
Spotlightとは、Mac上のいろんなものをキーワード検索してくれる機能の事。
Spotlightでは、ファイル名はもとより、テキストファイル内の文字や、アプリケーション、はてはEvernoteのノート群まで検索対象としてくれるのです。
Mac OSX Lionから、LaunchPadというアプリ起動のランチャが実装されましたが、Spotlightではキーワードを一部入力するだけでアプリもファイルも検索できる、ということでかなり重宝しています。
アプリを起動するときにSpotlight ファイルを開くときにSpotlight 調べ物をするときにもSpotlight。
Spotlightが、すべての作業の起点になってくれるんです。
Control+SpaceはSpotlightを瞬時に呼んでくれるショートカットです。
アプリを起動しようと思ったらまずControl+Space。 そして、起動したいアプリ名の一部を入力すると、Spotlightがリストアップしてくれます。 あとは、カーソルキーで選んで、returnキーで決定。これで目的のアプリが起動してくれます。

  • Control + Space : Spotlight呼び出し

ショートカットが無い機能にもショートカットを設定する方法

Macsc 004
最後に、さらに進んだ使い方を。
メニューバーからいろんな機能を見てみると、ショートカットキーがあるものとないものが存在しています。
Fullscreen
例えば、Safariの共有機能であれば、「メールで送信」にはCommand + Iというショートカットが設定されています。
ところが、Twitterへの共有はショートカットが設定されていないですね。
このままではキーボードだけでサッと使えません。
頻繁に使いたいのであれば、この「Twitter」へのショートカットを設定してしまいたいところです。
…実は、Macでは「システム環境設定」で独自のショートカットが設定できてしまいます。
今回は試しに、Safariの「Twitter」にショートカットキーを設定してみます。
まずは、システム環境設定から「キーボード」を開きます。
システム環境設定
次に、「キーボードショートカット」のページに切り替えて…
キーボード
左側のリストから「アプリケーション」を選びます。
キーボード 1
下の方にある「+」ボタンをクリック。
キーボード 2
すると、ダイアログが表示されます。 アプリケーションは「Safari」、メニュータイトルに、先ほどのメニューコマンドの名前(今回はTwitter)、そして、キーボードショートカットのところで、自分が設定したいキーのコンビネーションを入力しましょう。
システム環境設定 4
今回は、ControlとShiftを押しながらTを押してみました。 あとは、「追加」ボタンをクリック。
これで、準備は万全です。
Safariのメニューを再確認してみましょう。
Fullscreen 1
Twitterにもショートカットキーが設定されました。
Safariでショートカットキーを押してみると…
ツイート
きちんとTwitter連携機能が呼び出されました。
これで、自分がよく使う機能にオリジナルのショートカットキーを設定できます。

ショートカットを使う事で、作業効率はグンと上がる

Macsc 005
さて、今回は、基本的なショートカットと、自分でショートカットを設定する方法についてお話いたしました。
ショートカットは、コンピューターでの作業効率を向上させるためにはさけては通れない機能です。
是非、いろんなショートカットを試してみて、自分の作業にもつかえるものは積極的に使ってみましょう。
## 今回ご紹介したショートカット一覧

  • Command + V : 貼付け
  • Command + C : コピー
  • Command + X : 切り取り
  • Command + Z : 元に戻す
  • Command + W : ウインドウを閉じる
  • Command + Q : プログラムを閉じる
  • Control + Space : Spotlight呼び出し

11月3日、iTea3.0の @torizo さんと一緒にイベントを開催します!

さて、ここからはお知らせです。
DotMBA
11月3日土曜日、午後14時から、ブログ「iTea3.0」の主宰である酉蔵さんといっしょに初心者向けMacイベントを開催いたします。
テーマは「Macをはじめて触るときに知っておきたい事」。
僕と酉蔵さん、二人で「Macのツボ」をご紹介いたします!
今エントリでは紹介しきれなかったショートカットや、より便利に使えるMacのTipsもご紹介したいと思っております。

ということです。酉蔵さんの秘蔵Tipsも気になりますね!
お申し込みは、こちらからどうぞ!
Beermac0
また、会後に懇親会も予定しております。 懇親会のみの参加もOKです。こちらも奮ってお申し込みください。
懇親会のお申し込みはこちらから!

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座