Mac標準のエディタ「テキストエディット」を「メモ帳」の使い勝手に近づける

Winのメモ帳.png MacでもWinのメモ帳はほしい。

Windowsにはメモ帳というテキストエディタがある。
Macで同じようなもの、というと「テキストエディット」になるのだが、これが標準だとリッチテキストエディタとなり、Webからコピーするとフォントサイズやカラーがそのまま持ってこられてちょっと煩わしい。
それを回避するためのショートカットなんかも存在はするのだけれど、やっぱりWinの「メモ帳」のような「何も気にしなくていい」感じにはならない。

そんな時見つけたのが、テキストエディットのこのメニュー。

テキストエディット>メニューバー>フォーマット.png「フォーマット」メニュー内に「標準テキストにする」が。

テキストエディットでは標準テキストに変換する設定があったようだ。
さらにテキストエディットの環境設定を調べてみると、こんなものも。

テキストエディット>環境設定.png環境設定内に、デフォルトのフォーマットを設定する箇所が。

これを標準テキストに変更すると、あとは新規作成時に自動的に標準テキストで用意される。
あとは、自分の見やすいフォントに調整し、ようやくメモ帳っぽいテキストエディットが完成した。

テキストエディットカスタマイズ完成図.png ようやく僕の理想のテキストエディットが完成した。

これなら、標準のテキストエディタとしてテキストエディットを使っても良いかもしれない。
今まではわざわざCotEditorを使っていたが、やっぱり自動保存に対応しているテキストエディットの方がファイルの取り回しが楽なので、当面はこちらを使ってみようと思う。
ちなみに、テキストエディットには「リッチテキストを作って、HTMLに出力する」という機能があるみたいだ。
メモ帳には無い凄さもあるテキストエディット、リッチテキスト機能ももうちょっと使ってみようと思う。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座