(Mac以外の)パソコンを使って、無線LAN経由でiPhoneのスライドを再生する方法

reflector.pngAppleTV経由で、途中で接続できなくなった苦い経験を持っている僕にとって、
Reflectorは救世主だったのです。

iOS5.0から搭載されたAirPlayって機能。動画や音楽の無線経由での再生を想定して作られており、かなり色々と使えるのですが、やっぱりプレゼンテーションで使わないのはもったいないと思ってるんです。
だって、iPhoneやiPadが講演者メモ兼スライド操作ツールになる訳ですから。
ということで、このAirPlayをどのようにしてプレゼンに使うのか、ちょっとまとめてみます。


AirPlayは発信機と受信器があってはじめて成り立ちます。
発信できるiPadやiPhoneと、受信できるAppleTVのような端末が必要になってくるのです。

AppleTV経由だと費用がかかる

しかし、これがちょっと難点です。
裏を返せばAppleTVを持っていて、かつHDMI接続可能なプロジェクターがないと使えない、という事になってしまいます。
もちろん、HDMI対応プロジェクターとAppleTVを持っていって、それを使う、という手もあるでしょう。ですが、プロジェクターが約3万円、AppleTVが8800円、じゃあ最低でも合計4万円近いとなると、初期経費を考えるとちょっとハードルが高すぎます。
ましてやちょっと勉強会で発表したいだけであれば、ここまで費用はかけられないという人も少なくないんじゃないでしょうか。

パソコンを受信器として使うための「Reflector」

そんな時におすすめなのが、受信器としてパソコンを使う方法です。
iPadを発信機に、パソコンを受信器にして、パソコンのディスプレイをプロジェクターに映す事でワイヤレスプレゼンを可能にするのです。
これを可能にするのが、「Reflector」というアプリ。
Reflectorを使うと、パソコンがプロジェクター受信器になってくれます。
以下は、Macを使ってのReflector利用法です。
まずは、iPhoneやiPadなどのiOS端末をMacの画面に表示させる方法。

  1. iPhoneとMacを同じLan環境に接続する
  2. MacでReflectorを起動する
  3. iPhone/iPadでAirPlayをOnにする

これで、Mac上にiOS端末の画面を表示させられるようになります。

AirPlay経由でプレゼンスライドを再生可能に

あとは、iPadで利用可能なプレゼンツールを使って、スライドを再生するだけ。
これで、Mac上で画面を表示できる、ワイヤレスプレゼンツールの完成です。
Reflector自体は一年以上前から使っていますが、今はかなり安定して使えています。
先日もイベント時にこれを使ってスクリーン操作していましたが、何の問題もなく接続でき、切断なしで終える事が出来たのでちょっとした驚きを感じています。
Reflectorは$12.99のシェアウエアではありますが、それでもワイヤレスリモコンを買う事等を考えれば安いものです。
無料で10分間試す事も出来るので、気になる方は一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

リンク

関連アプリ

iPhoneやiPadでスライド作成もしてしまうのであれば、Keynote一択。
Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
投稿時の価格: ¥850

PDFを読み込んで、それを表示させるだけであればGoodReaderでも十分使えます。
GoodReader for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
投稿時の価格: ¥450

GoodReader for iPad App
カテゴリ: 仕事効率化
投稿時の価格: ¥450

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座