プレゼンテーションの本質を知ることが出来るiPadアプリ「ロイロノート」

ロイロノート.jpg プレゼンの本質が学べる素晴らしいアプリです。

Loilo、スライドや動画が作成できる教育向けiPadアプリ「ロイロノート」 – PC Watch
こちらの記事で知り、定価が3,000円と知って驚いたものの、現在無料で提供されているということで早速試してみました。
うーん、面白いです。このアプリ。
文字や写真をカードにして、さらにそのカードを繋げていけばプレゼンスライドの出来上がり、となります。
このアプリで重要視されているのが、プレゼンテーションの本質を伝えるために究極までに研ぎすまされたその機能、なんじゃないかと感じています。
某所では、「あまりに機能が少なすぎるのに高い!」なんてコメントが書かれていたのですが、いやいや、まずはここからスタートでいいんですよ。
本当は、「伝えたい事を並べて、それについてきちんと説明する」という事を知らなければならないのに、やれアニメ機能が無いとか、もっと見た目をおしゃれにしろとか。
でも、それって違うと思うんですよ。僕は。

あまりに色々出来すぎると、配慮しなくちゃいけない事が増えすぎます。現在出ているプレゼンツールは何でもかんでも出来過ぎです。
まずは、自分の言いたいことや見せたいものを沢山出す。
そして、それを繋げていく。
ロイロノートは、サイズも有限です。だから、伝えたい事は沢山ありすぎるとダメなんですよね。
あまりに増えすぎたら、机から捨てる必要がある。 この「捨てる」という行為も、アイデアを出して伝えやすくするためには必ず通る道だと思います。
本当に伝えるために、この言葉はいるのだろうか?もっと大切な言葉があるんじゃないか。 そうやってブラッシュアップしていくことも伝える力を育てるためには重要になるかなと。
もうひとつ凄いなと思ったのが、1ページ8秒に設定されている事。
これも言いたい事を詰めすぎないという意味では非常にバランスのとれた時間設定だと感じました。
と、言い出すとキリがないのですが、このロイロノート、プレゼンテーションの教育には本当に役立ちそうです。
外野で大人にやいややいや言われても、このまま子どもにプレゼンの本質を伝えるためにブラッシュアップしていってほしい、そう感じるアプリです。
ロイロノート App
カテゴリ: 教育
投稿時の価格: 無料(3/7まで) 定価3,000円
実際に作ってみました。
発表資料がものの10分で出来ちゃいました。

ビジネスで便利な機能を付けた瞬間に、この良さが失われそうな気がします。
OPMLの外部出力なんか絶対つけないでほしい。本気でそう思ったアプリでした。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座