冷蔵庫がこの中に!?肌が冷えるひげ剃り「ブラウン クールテック」の体験会に参加してきた

skitched-20130319-095101.jpgひげ剃り、冷えてます。

先日、「BRAUNの電動ひげ剃り体験会に参加してみませんか?」というメールをいただきました。
なんか「絶対良い事をかけ」というステマ的な事じゃなくて、自由に記事を書いていいということだったので、せっかくですし参加してみる事に。

▼クールテックについて詳しくはこちら(音が出ます)

クールテックシェーバー – Braun
そもそも何故僕が呼ばれたのかイマイチピンと来なかったのですが、意外とこのブログの生活関係エントリがロングランヒットを飛ばしているから、という事なのかなと勝手に想像しつつ、P&Gの体験会に行ってきました。

ちょっと知らなかったのですが、実はBRAUNはP&Gが取り扱っている商品だったのですね。
いつも使っていたGilletteもP&Gの取り扱い商品だったという事で、二重の驚き。

F4EEC79DA0854907BC76CDE62AAED9B2.jpgこんな台におかれてました。気合い入ってます。

今回体験会が開かれたクールテックですが、実はBRAUNの6年ぶりの新製品らしいです。
それまでずっと新製品を出さなくてもいい、という意味では非常に成熟している電動ひげ剃り業界ですが、やっぱりまだまだ課題は多く、一番多くの人が悩んでいるのが「肌荒れ」らしいんですよね。
で、BRAUNは剃り方を変えるのではなく、剃ったあとの炎症を抑える「冷却」というアプローチで新商品を開発したようです。

A8C49F6AE367402FA0D20B6C2FFEBCA1.jpg間にあるバーが冷えていくんです。

動作中、刃の間にある「冷却ヘッド」の温度が下がっていくんですね。
この部分で剃った肌を冷やしてくれるので、炎症が抑えられる、というワケ。
ちなみにこの冷却ヘッド、機構的には冷蔵庫と同じ「ヒートポンプ」を搭載しているそうで、これの小型化が難航したとか。
▼ボディの中に冷蔵庫のテクノロジーが入ってます
Thermo electric cooler

T字派だった自分がちょっと使ってみた感想

僕は今までの電動シェーバーを体験した事が無いので、T字カミソリからの移行組の感想として。
やっぱり、電動は剃り方が違いますね。
滑らせるように剃るのではなく、何度も何度も肌に当てる必要があります。
T字カミソリの場合、シェービングクリームをつけて肌に滑らせれば綺麗にそれるのですが、その分手間はかかりますよね。
電動は、そういう手間は一切不要です。準備なしにスイッチオンでそれる。
クールテックはさらに、本体が冷やしてくれるので、シェービング後の炎症を抑えるためのアフターシェーブローションを塗る必要がなさそうです。
現時点ではT字カミソリのほうが簡単に深剃りできてしまうとはいえ、電動も慣れれば剃り残しなしでそれるという話もありますので、もうちょっと使ってみてレポートしたいと思います。

こんなキャンペーンも

クールテックのお試しができるこんなキャンペーンも展開されてました。

14日間、クールテックを体験できるワケですね。
これはいいなあ。

 

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座