【週ポケ】文章を読んでもらい、反応をよくするためにできること

Weekly pocket inbox
土曜日はいつも、Pocketに保存したWebページを振り返る日にしています。
いつもは1min Hacksを購読してくださっている方にのみ公開しているのですが、現在はブログ強化、ということで、ブログでも公開してみます。
今週は、「書き方」に関するエントリを3つご紹介。

◆01:ウェルカムメールの「件名」をおもしろいものにする
◆02:個人が書いたとわかるメッセージをメールに挿入する
◆03:「差出人」には会社ではなく個人の名前を入れる
◆04:返信可能なメールアドレスからメールを送る
◆05:相手の名前をメールに挿入する
◆06:適切なタイミングでウェルカムメールを送る
◆07:ウェルカムメールに少し手を加え面白くして、手動で送信する
◆08:答えるのに難しくない、シンプルな質問をメールに入れておく
◆09:役に立つ情報や使い方を教える
◆10:返信を促す文をメールに挿入する
◆11:感謝の意を込めてお礼を伝える
via: メールの文面を変えてフィードバックを5倍に増やす11のテクニック – GIGAZINE

  • ギャグは要らない
  • 蘊蓄は披露しない
  • 比喩に凝らない
  • 上から/下から目線はやめる

これらは、私がギター教則本を書く際に気をつけていることを、簡単にまとめたものです。もの書きの方は、文章から個性を消すという作業に違和感を覚えるかもしれませんが、客観的な文体の練習と思って、試しに実行してみてください。
via: 読者をその気にさせて最後まで読んでもらうためのコラム・書評の執筆テクニック | きんどるどうでしょう

私の場合、記事が3000字を超える見込みの時には以下の点に注意しています。
★全体を5分割して、小見出しをつける
★画像・図表・リンクを効果的に配置する 
via: ウェブで長い文章が読まれるために必要なこと :: Parsleyの「添え物は添え物らしく」|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

もったは思った。

Fujimotta SNSicon 20130424 pop
今日は「書き方」で気になったエントリが多くありました。自分自身も書き方を模索しているところなので、それが暗に影響してきたのでしょうか。
※このエントリは、メルマガ「1min Hacks」の出張版としてエントリしたものです。
ブログよりも先にメールにて配信しております。気になる方は是非ご登録くださいませ。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座