旧Macbookから新Macbookへの移行を高速に行う方法(WiFi経由)

Mac ikou
WWDC2013で、新しいMacBook Airが発表されましたね。
僕は「ゆくゆく購入しよう…」と思っていたのですが、のっぴきならない事情により購入せざるをえない状況となり、あれよあれよという間に僕の手元にも新Macbook Airが到着しました。
で、早速旧Macから新Macへデータを移行してそのまま外に持っていこう!と思っていたのですが、移行アシスタントでの60GBのデータ移行、所要時間が「5時間」と表示されガックリ。
…だったのですが、どうしてもあきらめきれず。
ちょっとネットワークの設定を変えてみたところ、移行の時間が5時間から2時間に短縮されましたので、今日はその方法をご紹介いたします。

方法は簡単。アドホック接続を使うだけです。
デバイス間で最速の方式を自動的に使ってくれるアドホック接続を使えば、スムーズに移行する事が出来ます。

まずはアドホックネットワークを作成

転送元のMacのメニューバーにあるWiFiアイコン。
これをクリックして下の方にある「ネットワークを作成」をクリック
Wifimenu
ネットワーク作成画面が出てくるので、「作成」をクリック。
(このままだと通信が暗号化されないので、セキュリティ設定を行っておくと安心です)
Create network
すると、メニューバーのWi-Fiアイコンが変わります。
WiFiicon

別のMacから、作成したネットワークに接続

最後にもう一台のMacのWi-Fiアイコンから、先ほど作ったネットワーク名を探し接続するだけ。
Wificonnect
これで、アドホック接続が出来ました。

あとは移行アシスタントを使って移行するだけ

アドホック接続が出来たら、あとは通常通り移行アシスタントを使って移行するだけ。
Iko assistant
これで、非常にスムーズに移行が完了しました。
もし、Wi-Fi経由の移行時に、転送速度が遅すぎて待てない…という人は、このアドホック接続を試してみてはいかがでしょうか。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座