僕がMacbook Airのバッテリーを長持ちさせるためにチェックしている3つのこと

Battery
新しいMacbook Airを外に持ち出して一番に思った事。
それは「意外とバッテリーが持たない…」ということでした。
設定次第では、「バッテリー容量96%なのに、あと2時間しか持たない」という場合もあります。
96 2h
外出中は特に、バッテリーの持ちをすこしでも長くしたいですよね。
今日は、Macbook Airでバッテリーを長持ちさせるときに僕が意識している事をまとめておきます。
「当たり前のことだ」と思っててもうっかり忘れていたということもありますので、是非チェックしてみてくださいね。

1. ディスプレイ・キーボードライトの明るさを下げる

Light
バッテリーの持ちを一番左右するが、ディスプレイの明るさ。
これを1目盛り分変えるだけで2〜30分長持ちするようになる事も。
もちろん、あまりに見にくくて作業効率が落ちてしまうのは問題ですが、ちょっと休憩してる…なんて時には下げる方が得策です。
もう一つ、キーボードライトも明るさを調節できます。こちらは明るい所ではあまり重要ではないですよね。
モバイル時は完全にオフにしておく事で、バッテリーの持ちにつながります。

2.USB接続デバイスを避ける

Usbcable
USB接続して利用するデバイスはどうも電力消費が大きいようです。
特にiPhoneのバッテリーを充電したり、外付けHDDを使ったりすると電池の持ちが悪くなる傾向にあります。
必要ないときは抜いておきましょう。

3.ブラウザを閉じる

Http
ブラウザは立ち上げておくだけでみるみるバッテリー消費しています。
特に、広告やFlash利用サイトが常に通信していたりCPUを利用していたりでバッテリー消費が激しくなる要因みたいです。
このブログにも下の方に広告があります。
バッテリー利用中にこのエントリを読んでいるのであれば、これを読んだあとは速やかに閉じた方がいいかもしれませんよ。

まとめ

ということで、僕がバッテリーの消費を長持ちさせたい場合は、
Note pen

  • ディスプレイの明るさを下げる
  • USB接続デバイスを避ける
  • ブラウザを閉じる

という3つの点に注意して利用しています。
これらは、Macbook Airに限らず、Windowsパソコンでも言える事です。
モバイル利用は、バッテリーが命です。
あなたも外出時のバッテリー消費を抑え、よきモバイル生活を送ってくださいね。

関連記事

Macをやさしく始めるワークショップ開催します。

Macビギナーのための、一緒に操作して覚えていくワークショップを開催します。
「Windowsでは出来た事がMacではできない」あるいは「Windowsと比べて使い勝手が悪い」と、使わなくなってしまう人も少なくありません。
WindowsとMacでは使い勝手も異なれば、そこから漂う雰囲気も異なっているんですよね。
今回は、「Macを購入したけれど、全然使い方がわからない」「実際にMacを使ってみるものの、いろいろわからない所が出てきた…」というような、Macに戸惑っている方のために、ゆっくりMacについて学び、一緒にじっくり触って覚えるワークショップを開催いたします。
詳しい内容はこちらから
会場で一緒に操作するワークショップに、さらにアフターサポートを追加したコースもご用意しております。
席数は限られておりますので、お早めにどうぞ。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座