MacBook Airのバッテリー消費の原因になっているアプリケーションを探す方法

Activity monitor icon
MacbookAirをモバイルで利用していると、バッテリーの残り時間が思っている以上に少ない場合があります。
たいていそういう場合は、CPU使用率の高いアプリケーションが起動していて、そのアプリがバッテリーを消費している事がほとんどです。
逆にいえば、CPU使用率の高いアプリケーションを終了させれば、バッテリー消費を抑えられるのです。
今回はCPU消費が激しいアプリを探すために、Macの標準アプリ「アクティビティモニタ」を使ってみましょう。

▼アクティビティモニタは「LaunchPad > その他」にあります
LaunchPad etc
アクティビティモニタを起動して、CPU利用率順に並び替えします。
▼CPU使用率順に並び替えるには、ヘッダの「% CPU」をクリックします。
Activity monitor
▼実際に並び替えられた例
Activity monitor cpu sorted
この瞬間は、TwitterのCPU使用率が高いようです。Twitterは頻繁にネットワークアクセスもしますし、見ないのであればオフにしておいた方が良さそうです。
▼別の瞬間では、ChromeのCPU使用率が高くなっている
Activity monitor chrome occupation
このときは、Google Chromeに関連するプロセス(小さな処理の塊)がCPUを使用していたようです。
こういう場合は、もとのGoogle Chrome自体を終了させる事でCPU使用率を下げる事が出来ます。

CPU使用率を下げて、よりバッテリーを長持ちさせよう。

ということで、今日はCPU使用率に着目してバッテリーを持たせる方法についてまとめてみました。
これ以外のバッテリー節約方法は以下のエントリでも言及しました。
僕がMacbook Airのバッテリーを長持ちさせるためにチェックしている3つのこと
画面の明るさやキーボードランプ等のハードウェア上の節約と、今回紹介したソフトウェア上の節約、2つのアプローチでバッテリー消費を節約しましょう!

関連記事

Macをやさしく始めるワークショップ開催します。

Macビギナーのための、一緒に操作して覚えていくワークショップを開催します。
「Windowsでは出来た事がMacではできない」あるいは「Windowsと比べて使い勝手が悪い」と、使わなくなってしまう人も少なくありません。
WindowsとMacでは使い勝手も異なれば、そこから漂う雰囲気も異なっているんですよね。
今回は、「Macを購入したけれど、全然使い方がわからない」「実際にMacを使ってみるものの、いろいろわからない所が出てきた…」というような、Macに戸惑っている方のために、ゆっくりMacについて学び、一緒にじっくり触って覚えるワークショップを開催いたします。
詳しい内容はこちらから
会場で一緒に操作するワークショップに、さらにアフターサポートを追加したコースもご用意しております。
席数は限られておりますので、お早めにどうぞ。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座