楽天ブロードバンド LTEとBIGLOBE LTE・3Gを両方使ってみたのでまとめておく

スクリーンショット 2014 01 09 10 48
先日より、楽天ブロードバンドLTEを使っておりました。
楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプランが自分のライフスタイルにぴったりだった件
で、割合良好な使い勝手だったのですが、妻がモバイルWi-Fiを持って実家に帰る機会があり、モバイル用SIMがもう一枚必要になってしまいました。
ということで、目をつけたのがこちらのSIMです。

BIGLOBE LTE・3G

このSIMの特徴としては、1ヶ月980円で、1GBまでの通信が可能。
容量超過後は128Kbpsの通信速度になってしまうけれども、Wi-Fiスポットが利用可能というちょっと変わった切り口でお得なSIMカードだったのです。
どちらもだいたい1,000円ぐらいで維持できるSIMでしたので、今回はこの2つをさらっと比較してみました。

 楽天ブロードバンド LTE
エントリープラスプラン
BIGLOBE LTE・3G
エントリープラン
月額料金945円980円
初期費用4,200円
(2014/01/08 現在、キャンペーンで3,150円)
3,150円
(2014/01/13まで、イオン店内で購入すれば980円)
高速通信容量500MB/月1GB/月
制限時通信速度最大256Kbps最大128Kbps
容量追加なし315円/100MB
利用可能エリアXiエリア + FOMAエリアXiエリア + FOMAエリア
SIM枚数1枚1枚
SIMサイズ標準SIM/マイクロSIM/nanoSIMから選択標準SIM/マイクロSIM/nanoSIMから選択
最低利用期間なしなし
Wi-Fiスポットなし1台だけ利用可能

この中で、特筆すべき特徴は太字の赤色で装飾してみました。
まずは楽天。
こちらは、何といっても制限超過後の通信速度が256Kbpsということ。
これのおかげで、通信制限中でもVoIPが可能です。
通常のウェブブラウジングはやはり使いづらいものがありますが、それでも256Kbpsのおかげで大きなストレスはありません。
対してBiglobeですが、通信可能な容量が1GBと1000円クラスのSIMでは多くなっております。
さらに、通信制限に引っかかってもWi-Fiスポットでの通信が可能になっており、高速での通信が可能。
Wi-FiスポットのプロバイダーはWi-Fiスクエア利用可能エリアはこちらのページから確認できます。
ただ、Wi-FiスポットはMACアドレスでのアクセス制御となっており、エントリープランだと1台のみの制約があります。
ということで、これらの特徴をふまえつつ、どちらかのSIMのみ維持していこうと考えております。
さて、実際にどちらのSIMを残していくか、はこちらのメルマガでお話する予定です。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座