料理がもっと楽しくなる!包丁研ぎの動画を見て実際にやってみた

Toishi houtyou 021 001
きっと料理を普段からきちんとしている人には至極当たり前のことなんだろうな…
最近、包丁の切れ味が悪くなって、その度に100円ショップのシャープナーを使って研いでたんです。
ところが、あるときふと包丁の一部に刃こぼれがあるのを見つけて。
これはいかんなと思い、何かいい方法はないかな〜と考えていたんです。
当初は新しい包丁を買わないといけないかな…なんて思っていたのですが、そんなときにふと目に止まったのがこちらのサイト。
包丁の研ぎ方トレーニング – TOJIRO:Net

日本の物を大切にする文化が生んだ「包丁の研ぎ直し」の文化。砥石を使って1本の包丁を長く使う文化は世界に広がり始めています。このコーナーでは研ぎ直しの方法を図解動画で解説しています。

砥石以外でもシャープナー研ぎ棒など様々な研ぎ方法がありますが、やはり包丁の切れ味や耐久性を考慮すると砥石での研ぎ直しが一番です。
砥石での研ぎ直しを行うには勇気がいるかもしれませんが、慣れてしまうと結構簡単に行えます。
是非このページを参考にして包丁研ぎの名人になってみませんか?
via: :::包丁の研ぎ方トレーニング – TOJIRO:Net:::

ということで、実際にその動画をみていたらなんだかうずうずしてきて、早速砥石を購入、包丁研ぎをしてみました。
そうしたら、これが見違えるように切れ味が良くなったんです。ホントに。
自分で研げるようになると、「おお、たしかに切れ味があがってる!」と自分で実感できるのが良い所。
包丁の切れ味が悪いから新しい包丁を買おうか…と考える前に、一度研いでみると良いかもしれませんよ。
砥石は100円ショップでも置いていることがあるみたいですが、小さくて軽いものが殆ど。
研いでいるときに砥石がずれて刃の角度が安定しません。
本格的にやりたいのであればちょっといい砥石を用意した方が良さそうです。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座