楽天ブロードバンドLTEを愛用していた僕がなぜ今OCNモバイルONEに切り替えたのか

MobileOne switch
先日、OCNモバイルONEを購入したという話をブログにエントリしまして。

で、現在これに切り替えて運用しているのですが、かなり満足しています。
以前からOCNモバイルONEの「毎日制限・毎日解除」は気にはなっていたのですが、初期費用ゼロキャンペーンと制限時の通信速度の関係で楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプランで運用していました。

実はGMOとくとくBBのSIMは、僕が契約したプランだとプロトコル制限があってVoIPが使えなかったんですよね。
外出時、着信は携帯番号にしているのですが、発信時は050PlusでのIP電話を利用していたので、どうにかこれが外出時でも使えないかと常々思っていました。
そんな折に見つけた楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプラン。
見てみれば、容量超過制限時の速度が256kbpsらしいじゃないですか。
256kbpsあれば、VoIPもわりと安定してできるんじゃないか…。
そう考え、思い切って申し込んでみました。
結論から言うと…僕は大満足です。
標準の容量500MBは、わりとあっさり超過してしまいました(iPhoneのアプリを自動アップデートにしていたのが問題かも)が、制限速度中でもそこそこ不便を感じずにネットを楽しんでいます。
なにより、VoIPがきちんと使える。通信速度を調べてみると、きちんと平均速度が250Kbps前後出てるんですね。
最高速度が256Kbpsではないというのも大きいです。
レイテンシが低いのもポイントが高いです。
通信のレスポンスが早いのでストリートファイターIV Voltで通信対戦も出来てしまいました。
via: 楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプランが自分のライフスタイルにぴったりだった件

平均速度は231kbpsなのですが、最高速度(通信し初めの一瞬)が3000kbpsぐらい出てます。
やや、もちろん、場所によってはまちまちな所もあるのですが、おおむねこんな感じなんですよね。なので、Twitterのタイムラインを取得したり、テキストベースのWebサイトを閲覧するぶんにはかなり快適です。
速度制限って、こうあるべきだよなぁとさえ思えるこの仕様。
素敵です。
via: 楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプランは、速度制限中でも初速が高速

…というように、楽天ブロードバンドLTEはおおむね満足して利用していました。
通信速度も平均256Kbpsとはいえ、一瞬は高速通信をしてくれるので、思っていた以上にイライラする事は無かったんですよね。
ところが、これの雲行きが変わってきます。
3月中旬の楽天ブロードバンドLTEの仕様変更です。

■改定内容
・エントリープラスプラン
月間高速通信容量:500MB → 1.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps※
連続した3日間での制限条件:400MB
※連続した3日間のデータ通信量が400MBを超える、または高速通信容量超過後、高速通信分を含む月間のデータ総通信量が2.0GBを超える場合、通信速度をさらに制限します。
・ライトプラスプラン
月間高速通信容量:2.0GB → 3.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps※
連続した3日間での制限条件: 183MB → 400MB
※連続した3日間のデータ通信量が400MBを超える、または、高速通信容量超過後、高速通信分を含む月間のデータ総通信量が4.0GBを超える場合、通信速度をさらに制限します。
両プランとも、3月18日の仕様変更時点で上記の制限条件に合致するお客様は、通信中であっても即時制限対象となりますので予めご了承下さい。
via: 楽天ブロードバンドLTEの仕様が変更され、高速容量が2倍に!しかし…

この仕様変更後、実際に「さらに制限」がかかると、通信速度が100Kbpsになってしまう事がわかりました。

速度制限がはっきりと目に見えてわかる形で実行されてきたのが4月です。
通信量が1GBを超えた際に300Kbpsに制限された。ここは別にいいんです。
以前は1GBを超えた時は256Kbpsだったので、制限が緩くなっている所です。
ですが、2GBを超えたあたりから更なる速度制限が課されました。
通信速度が100Kbpsを絶対に超えなくなってしまったのです。
確かにメッセージやメールなどはできます。
ですが、ブラウジングやSNSはかなり厳しくなってしまいました。
特に画像を開こうとすると、それだけで1分待たされる事もザラです。
via: 楽天ブロードバンドLTEエントリープラスプランを解約するに至った3つの理由

結局楽天ブロードバンドLTEは2枚契約していたうちの1枚を解約する事にしました。
解約に関しても実はかなりの手間がかかってしまいました。
解約はフォームが無く、わざわざ電話をして解約手続をしてもらわないといけないのです。
電話をかけた平日の9時頃で2人待ち、結局15分ぐらい待ってようやく繋がりました。
で、代わりに用意したのがOCNモバイルONEのSIMです。

常用するSIMとして、突然使い勝手が変わるかもしれない、というのはあんまり気持ちのいいものではないです。
結局僕は、代わりのSIMとしてOCN モバイルONEを購入しました。
今までの経緯を見ても、こちらの方が安心して使えそうな気がしています。
via: 楽天ブロードバンドLTEエントリープラスプランを解約するに至った3つの理由

結果として、非常に快適な通信環境だなと思っています。
僕は毎日外出してノマドワークをする人ではないので、毎日一定量の通信以上は200Kbpsというのがちょうど良さそうです。
そもそもの前提条件のおさらいとして。

  • 自宅ではWiMAXを使っている。
  • 外出時用の通信端末を用意しておきたい。
  • 外出中は動画やダウンロードはしない。
    基本、自宅で見たりダウンロードしたり。
  • 通信容量が日によってまちまち。
    かなり通信する日もあれば、あんまり通信しない日もある。
  • かなり通信しちゃった日だけ、制限をかけてもらいたい。
    逆にあんまり通信しない日は高速通信がしたい。
  • 制限時でも、200kbpsぐらいの通信速度は欲しい(理想は256kbps)。
  • 外出中に高速通信が必要な日は、そもそもWiMAXを持ち歩いちゃう。

というような感じです。 
こう考えてみると、現状はOCNモバイルONEぐらいしか選択肢が無いんじゃないかってぐらいフィットしています。
200Kbpsという通信制限が一番気になっていた所なのですが、実際に使ってみると…
NewImage
こんな感じで、200Kbpsよりも少し速度が出ています。
特筆すべきはレイテンシの低さ。
もともと、050Plusと併用を薦めているOCNモバイルONEですので、その辺りも考慮して企画されているんでしょう。
これだけの速度が出ているのであれば、050Plusでも問題なく通話できそうです。

ということで、実際に使い始めて2週間以上立ちましたが、思っていたより満足しています。
今回はキャッシュバックキャンペーンがあったので、一日80MBプランにしたのですが、実際80MBを使い切る日はそんなに無く、キャッシュバックが終わり次第50MBプランに変更しようかなと考えている所です。

とはいえ、月額で見ると約500円の違い。
一日18円の違いで30MB分の通信の余裕ができる、と考えればそんなに高くないかもしれません。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座