Androidデバイスは、モバイルPC替わりに十分なりうるんじゃないか、という話

NewImage
昨日、こんなエントリを書きまして。
Androidって、モバイルPC向けOSとしてかなり優秀なんじゃないか、という妄想
で、早速マウスを入手し、Apple Wireless Keyboardと一緒に実際に使ってみました。

今日は実際に使ってみて、使い勝手はどうなのか、実用に堪えうるのかについて書いてみます。

 

実際に使ってみてどうなの?

NewImage
使い勝手は意外と良好。マウスカーソルはきちんとマウスで操作できます。右クリックで「戻る」と同じ動きをする以外は直感的に操作ができます。
キーボード入力をするとマウスカーソルは勝手に消えてくれるし、ブラウザではきちんとホイールも使えるしで問題なさそうです。
マウス対応もそうだし、入力中にはカーソルが消えてくれるとか、きちんとホイールが使えるとか、そういう細かいところへの配慮がきちんとされているところはAndroid OSの嬉しいところですね。
これなら本当に、普段の文書作成なんかだったら格安アンドロイドタブレット+モバイルキーボードで十分なんじゃないかな、と思えるほど。
あと、細かいところではあるけれど、Command(もしくはalt)+Tabが使えたり、F10キーを使った後変換ができるところも、仕事でWindowsを使っている者としては非常に嬉しいポイントです。
入力IMEにグーグル日本語入力があるから「きょう」と入力して日付を出すことも可能ですし。
いろんな所で至れり尽くせりです。

モバイル向けOSとして、様々な需要に対応していく姿勢が感じられる

NewImage
iOS端末を使っていた時にずっと気になっていたのが、例えば文字入力後の特殊な操作がキーボードだけだとできないことが多い、ということでした。
例えば、Evernoteアプリで入力したあとに保存したい場合。
この時は必ず一度画面をタッチしないといけない。
この「一度タッチさせられる」という行為がなかなかに興ざめというか、「そこまで煩わしいことをしないといけないんだったらもうパソコンでやるよ…」と思わせるネガティブな何かを持っているんですよね。
Androidは後発なこともあり、更に言うと様々なデバイスでも利用できるという前提で作られているので、その辺りの処理が非常にうまくできています。
今回の記事も、Fonepad Note 6+Apple Wireless Keyboard+Bluetoothマウスを使って、Evernoteに下書きをがしがしと書いていました。
この組み合わせで、何の抵抗も無く非常にスムーズに書けたことが逆に新鮮でした。今までiPadで「ああでもない、こうでもない」と頭を悩ませていたのは何だったんだろうというぐらいです。
ここまできたら、あとは正式なMicrosoft OfficeがAndroidでリリースされたら言うことないのかもしれないですね。

さすがにそれは「夢」で終わる可能性が高そうですが。

追伸:
最後までお読みいただきありがとうございます!
面白かったら、シェア・コメントもお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

追々伸:
▼自分の才能がわからない。どうやっていけばいいのか知りたいという方のための無料メール講座を提供しています。
楽しいことで成果が出る!
才能発掘3ステップ講座